熊本市南区や宇土市で、小児歯科矯正や大人の歯列矯正のことなら

矯正歯科

矯正歯科とは?

歯列矯正を考える患者様は、
「歯並びや歯の隙間や噛み合わせが悪いのが気になる」
「身体に不調がある」
「子供の歯を気にしていたら大人の自分が歯列矯正したくなった」
「仕事の都合で歯列矯正をしないといけなくなった」
など、いろいろな理由があると思います。
矯正歯科とは、一般的に歯の隙間(隙歯)や噛み合わせ、歯並びの不正を治す治療のことをいいますが、当歯科医院では単に見かけをきれいに並べるだけではないと考えております。
当歯科医院の矯正歯科は、発音障害の改善、全身とかみ合わせのバランスの調整、また歯のガタツキをなくすことで歯の清掃性を良くし歯の寿命を延ばすという予防的な効果も追求しております。
さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。
つまり矯正歯科とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野なのです。

大人の歯列矯正

歯並びが乱れていると、見た目が気になることはもちろん、歯と歯の間に食べカスがたまりやすく、歯磨き(ブラッシング)もしにくいものです。
そのため、歯並びが乱れている人は、虫歯や歯周病になりやすいという問題があります。
歯の健康を守るためにも、歯並びを整える治療をおこなう事が大切です。
当歯科医院では、成長期を過ぎすべて大人の歯(永久歯)になった患者様には、大人の矯正治療をおこなっております。
成長期のお子様であれば顎の骨をコントロールする治療をおこないますが、成長が終わった大人の患者様の場合は顎の骨は完成しているため、歯を何本か抜き、そのスペースをつかって歯並びを整える治療をおこなう場合もあります。
治療期間や抜歯の必要性などについては、患者様一人ひとりの口腔内の状態によって異なるものです。
治療に入る前には、歯型採取やレントゲン撮影、また綿密なカウンセリングをおこなった上で治療方針を決定します。
長期間の治療となりますので、疑問点や不安な点などありましたら、納得するまでなんでもご相談ください。

小児歯科矯正

出っ歯や受け口など、お子様の歯並びが悪くなる原因にはさまざまなものがあります。
顎の骨が小さかったり、顎の上下のバランスが悪かったり、また指しゃぶりや舌のクセなども影響を与えてしまいます。
成長期真っ只中である、幼児期から学童期のお子様には、上下の顎の骨の成長や発育をコントロールしたり、舌の悪いクセを取り除いたりすることによって、歯並びだけでなく顔のバランスも整えていくことができます。
当歯科医院では、お子様一人ひとりの口腔内に適した治療方法をご提案してまいります。
お子様のあごの骨の成長は日々成長しておりますので、矯正治療をお考えの方はお早目に当歯科医院までご相談ください。

プレオルソ|小児咬合誘導
「プレオルソ」こども歯並び矯正法はじめました。
プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、小児(4歳から9歳ぐらいまで)の歯並びを悪くしている口周りの筋肉を訓練することで歯を動かす矯正治療のことです。 従来の固定式のマルチブラケット装置で治す100%の治療でなく実用的な80%の「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指していきます。
診療時間のご案内
月火水木金/9時20分~13時・14時20分~19時
土曜日/9時20分~13時・14時20分~17時
休診日のご案内
日曜・祝祭日は、お休みとさせていただきます
ご予約・お問い合せ
096-223-2133
メールでのお問い合せはコチラから
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 鎮静法
  • 訪問歯科診療
  • 当院からのお知らせ

熊本市南区の歯科衛生士・歯科助手・歯科受付の求人採用募集情報

このページのトップへ
Copyright (C) 2014-2018 熊本市南区は銭塘町の歯医者/銭塘町ノーベルファミリー歯科. All Rights Reserved.