熊本市南区や宇土市で、虫歯治療・虫歯予防・親知らず(口腔外科)等、一般歯科のことなら

一般歯科

虫歯(う蝕)治療

「虫歯(う蝕)」とは、歯垢(プラーク)の中にいる虫歯菌が、食べ物に含まれる糖分を分解することで作る酸によって歯が溶けてしまう(歯質が脱灰する)病気のことです。
初期の虫歯には痛みなどの自覚症状がありませんが、進行していくにつれ甘い物や冷たい物がしみるようになり、そのまま放置していると激しく痛むようになります。
虫歯治療は、表面的な大きさや位置によって、段階的に治療方法が選択していきます。
さらに深さによって、歯の神経を抜く、抜かないといった判断を行っていきます。
虫歯の治療は、初期段階であれば通院期間も短く、費用も安く、削る範囲も最小限ですみますが、進行してしまうと患者さまの負担も大きくなります。
もし、お口の中に異常を感じましたら、痛くなくてもできるだけ早くのご来院をお願いいたします。

根管治療

歯の根の中心を通る細い管「根管」の中には、歯髄と呼ばれる神経や毛細血管などが詰まっている軟らかい組織があります。
この歯髄が、虫歯などによって細菌の感染を受けた場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。
細菌に冒された神経や血管をきれいに取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をする治療をすることを根管治療と言います。
この根管治療を確実に行うことによってご自分の歯を残し、長く使うことが可能になります。

歯の神経(歯髄)をとると、どうなりますか?
根管治療では、神経(歯髄)を取り除いた後に根管内部に薬剤を詰め細菌の感染を防ぐため密封します。
神経を取り除いた歯は、痛みなどの危険を脳に知らせることが出来なくなってしまいます。
神経を取り除いた後の歯も虫歯になることはありますので、虫歯が進行しても気づかずに歯をダメにしてしまうこともあります。
また、神経を取るということは血管なども一緒になくなってしまうので歯に栄養がいきわたらず、歯自体も弱くなってしまいます。
虫歯の進行などで神経を取らなくてすむように、痛みが出る前に早めの治療が大切です。

虫歯予防

「毎日歯を磨いていたのに虫歯になってしまった」などの話しをよく聞きます。
歯みがきを毎日しっかり行うことは虫歯予防の基本中の基本です。
しかしながら、力を入れてゴシゴシ磨くなどの歯みがきは、虫歯予防の効果を高める訳ではなく、かえって歯や歯ぐきを痛めてしまい歯の寿命を短くしてしまいます。
虫歯予防で大事なのは、「虫歯の原因を除去すること」と「虫歯の進行を止めること」の2つです。
定期的に歯医者に通い、歯垢や歯石を取ることは虫歯予防とともに、虫歯の早期発見・早期治療にもつながります。
口の中の状態は、一人ひとり違います。
当歯科医院では、患者様に合った虫歯予防の方法をお教えすることで、皆さまの歯の健康に携わっています。

親知らず(智歯)

思春期後半から20歳以降に生えてくる「親知らず(智歯)」。
親知らずと聞くと、「口腔内に不都合や疾患を起こす歯」と連想される方が多いのではないでしょうか。
親知らずは横向きで生えてきて歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えたり、そうでなくとも非常に磨きにくく虫歯や歯肉炎を誘発したりもすることが多いからです。
そのため、親知らずが生えてくると抜歯などの対処をすることが多いのですが、歯そのものや神経は健康であることが多いため、その治療は患者様の負担が大きくなるのです。
当歯科医院では、安易に抜歯をご提案せずに患者様の不安が少しでもなくなるようカウンセリングを行って治療を進めていきます。

診療時間のご案内
月火水木金/9時20分~13時・14時20分~19時
土曜日/9時20分~13時・14時20分~17時
休診日のご案内
日曜・祝祭日は、お休みとさせていただきます
ご予約・お問い合せ
096-223-2133
メールでのお問い合せはコチラから
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 鎮静法
  • 訪問歯科診療
  • 当院からのお知らせ

熊本市南区の歯科衛生士・歯科助手・歯科受付の求人採用募集情報

このページのトップへ
Copyright (C) 2014-2018 熊本市南区は銭塘町の歯医者/銭塘町ノーベルファミリー歯科. All Rights Reserved.